閉じるIcon Close
閉じるIcon Close

DKSHジャパン

東洋と西洋の架け橋

マーケットエクスパンションサービス

調達サービス

四大陸におよぶ各地の拠点を通じて、世界からベストなサプライヤーをお客様にご案内します。コンプライアンス、製品登録、サプライヤーに対する監査や審査、品質保証、試作品製造現場のモニタリングなども、すべてこの重要なサービスの一環となっています。

医薬品品質管理・食品応用開発・洋菓子応用開発

健康と安全を守ることは、当社の事業活動で最も重要な側面であり、最大の責任として位置づけられています。国内規制を遵守するため、サプライヤーおよび現地拠点と密接な関係を構築し、取引を開始した時点から確実に品質と安全性が守られるよう確認を行っています。

アフターサービス

消費財事業部門とテクノロジー事業部門のアフターサービスは、お客様のご要望に応じてのメンテナンスはもちろん、持ち前の技術力を生かしてマーケティング・セールス部門をサポートし、時には製品の内部構造等の目に見えない付加価値を説明することもあります。

取扱製品の検索


Product Search clear keywords

今月の特集

150年前がよみがえる
幕末の様子を綴ったスイス使節団員の「日記」
スイスから里帰り 初の一般展示

日本・スイス通商条約締結150周年記念
「スイス使節団が見た幕末の日本」
―カスパー・ブレンワルド日記を中心に―

20140625_Yokohama Archives_Photo

横浜開港資料館(所在:神奈川県横浜市中区、館長:上山和雄)は、2014年の日本とスイス通商条約締結150年目を記念して、幕末の日本の様子や条約締結交渉の様子を紹介する企画展「通商条約締結150周年記念 スイス使節団が見た幕末の日本」を同資料館にて7月16日(水)から開催いたします。


今回特別展示として、幕末にスイス使節団の一員として来日したカスパー・ブレンワルド(DKSHジャパンの創業者の一人)が当時の日本の様子を細かく綴った「ブレンワルド日記」の原本がスイスから約50年ぶりに里帰りし、本企画展に合わせて特別に一般公開されます。


特別展示のため里帰りが実現した日記原本のお披露目が行われ、公開にあたって来日したヨルグ・ヴォレ氏(DKSHグループCEO)が、創業者の一人が記した日記が150年という長い時を経て横浜の地で多くの方々に公開されることへの期待について述べました。

<続きを読む>

事業紹介

消費財事業部門

ライフスタイルグッズ&アクセサリー
ウォッチ 

生産資材事業部門

食品・飲料
パーソナルケア
化学品
医薬品

テクノロジー事業部門

工業機械・機器(印刷加工機械、木材加工機械など)
食品および飲料機械
科学機器
金属製品
エネルギー装置

DKSHジャパンについて

ニュースリリース

25/07/2014

DKSH、タイの在宅介護市場におけるパラマウントベッドの事業拡大を支援

25/06/2014

150年前がよみがえる 幕末の様子を綴ったスイス使節団員の「日記」 スイスから里帰り 初の一般展示

16/06/2014

「クリエイティビティー・フォー・キッズ」日本初上陸 2014年7月上旬~販売開始

17/04/2014

「ラミーサファリ ネオンコーラル」2014年4月下旬 個数限定販売開始

17/03/2014

「ファーバーカステル 東京ミッドタウン」7周年をむかえショップリニューアル 2014年4月1日オープン